ファイルのクロールのファイル認証でsambaのプロトコルバージョンの指定をしたい場合

(from osdn.net/users/matsumomo)
fessサーバー: ubuntu16.04lts
sambaサーバー: windowsサーバー(Active Directory認証)SMB2使用
上記の設定となっております。
ubuntuからsambaサーバーのフォルダにマウントする際、
sudo mount -t cifs -o vers=2.0,username=xxx,password=pass //dir/bin dir
のようにsambaのバージョンを指定しないとマウントできないような環境です。
こちらのディレクトリをクロールしたく、
クローラ>ファイル認証
の「パラメータ」に、
vers=2.0
domain=xxxxxx
のように指定しましたが、

2017-06-08 10:12:38,719 [WebFsCrawler] INFO Connected to localhost:9301
2017-06-08 10:12:39,184 [WebFsCrawler] INFO Target Path: smb://dir/bin/
2017-06-08 10:12:39,626 [Crawler-20170608101207-1-1] INFO Crawling URL: smb://dir/bin/
2017-06-08 10:12:40,378 [Crawler-20170608101207-1-1] INFO Could not access smb://dir/bin/

上記のようにフォルダへのアクセス自体が失敗してしまいます。
vers=2.0,domain=xxxxxx
と指定してもダメでした。

SMBのバージョン指定が必要な場合、どのように指定したらクロール可能になりますでしょうか?
fess内でどのようにsmbでマウントしているかがわかれば自力で解決も可能ですが、コードをサーチしても今の所特定できておりません。
https://github.com/codelibs/fess/blob/02edb397a55f9c6d5c3fa85e237687d946dea0a1/src/main/java/org/codelibs/fess/es/config/bsentity/BsFileAuthentication.java この辺りが関係するとは思っておりますが、パラメータ生成部分であり実際のマウント処理は別のコードかなと考えております)

恐縮ながら、何かしら知見をいただけますと幸いです。

(from osdn.net/users/shinsuke)
試していませんが、fess_config.propertiesでjvm.crawler.optionsに他のjcifs~と同じ感じで、

jcifs.lmCompatibility=0
jcifs.smb.client.useExtendedSecurity=false

を追加すると良いのかもしれません。
Fessでは拡張したjcifsを使っていますが、使えるプロパティたちは
https://jcifs.samba.org/src/docs/api/overview-summary.html#scp
になります。

(from osdn.net/users/matsumomo)
コードを色々検索して見つけましたが、
https://github.com/codelibs/fess-crawler/blob/9a0ada330a1ad07c331a51ad296e6816cfc95d55/fess-crawler/src/main/java/org/codelibs/fess/crawler/client/smb/SmbClient.java
こちらのライブラリで
SmbFileInputStream
が呼ばれているので、jcifsというライブラリでsambaにマウントしていると考えて良いのでしょうか?

Javaは普段使わないもので、全く見当はずれでしたら申し訳ございません。

(from osdn.net/users/matsumomo)
shinsukeさん、ありがとうございます。
ちょうどその辺を見ておりまして、同時レスになってしまいました。
jcifsを拡張して利用しているのですね。
あまりjavaの知見がなく苦戦しそうですが、試して見たいと思います。
また報告させていただきます。
お忙しいところほんとうにありがとうございます。

[メッセージ #79940 への返信]

試していませんが、fess_config.propertiesでjvm.crawler.optionsに他のjcifs~と同じ感じで、

jcifs.lmCompatibility=0
jcifs.smb.client.useExtendedSecurity=false

を追加すると良いのかもしれません。
Fessでは拡張したjcifsを使っていますが、使えるプロパティたちは
https://jcifs.samba.org/src/docs/api/overview-summary.html#scp
になります。

(from osdn.net/users/matsumomo)
shinsukeさんのご指摘のプロパティの設定の上で試してみましたが、やはりアクセスに失敗しました。
その後,
JCIFSを色々調査しましたところ、2014年で開発が止まっており、SMB1のみのサポートしかないということが見えてきました。
https://jcifs.samba.org/
https://lists.samba.org/archive/jcifs/2013-December/010123.html
従いまして、SMB2,3のプロトコルをfessで使うのは不可能かもしれない(拡張を入れない限り)という結論になりそうです。

jcifs.lmCompatibility=0
jcifs.smb.client.useExtendedSecurity=false
こちらの設定で可能になるSamba (3.0.x) の対応がSambaの何の要素を指すのかが見えませんが、プロトコルのSMBのバージョンと別物と考えた方がいいのかもしれません・・・